ハートのラベル☆赤ワインでバレンタイン

もうすぐバレンタインです。

演出にハートのラベルがついたシャトー・カロン・セギュール・ハーフ
iconと、チーズがあったら素敵です。

一度結婚記念日にと、知り合いからフルボトルを頂きました。

私たち夫婦はしっかり飲んじゃいましたけど、

二人ならハーフボトルが適量かな。

その後もう一度飲む機会がありましたが、

奥行き、深みのあるすばらしいワインだと言う気持ちは

変わらないので、自信を持ってお勧めします♪

大人のバレンタインを楽しみましょう〜。


味はもちろんのこと、その逸話もちょっとご紹介。

17世紀後半頃、ボルドーの銘ワインを産むブドウ畑を数多く持っていた名門・セギュール家の当主、ニコラ・アレクサンドル・ドウ・セギュール伯爵は、カロンセギュールをとても誇りにしていて「我、ラフィット、ラトゥール持ちながら、我が心、カロンにあり」と言いました。つまり、ボルドーワイン最高峰のラフィットロートシルトやラトゥールを自分は持っていますが、私の心はそれ以上に、カロンセギュールと共にありますという意味です。

その後、セギュール家は、ラフィットやラトゥールは手放しましたが、最後までこのカロンセギュールだけは手放しませんでした。そのような伯爵の思い入れが、今のカロンセギュールのハートのラベルの謂れになっています。


深く愛する気持ちが込められたワイン、バレンタインには最適です☆


icon
icon

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。